飲もう!楽しもう居酒屋へ行こう!

居酒屋には、他の飲食店とは異なる、定番と言われるメニューが存在します。

飲もう!楽しもう居酒屋へ行こう!

提供される定番のメニュー

国際化が進んでいる昨今の社会情勢の中では、海外諸国からさまざまな種類の、数多くの文化がわが国へと流入してきております。
食文化もその例外ではなく、食が欧米化することによって、古い時代から受け継がれてきた伝統的な日本料理よりも、洋食メニューを好む人々が少なからず登場してきているようです。
特に、若年層の人たちではそうした傾向が色濃く見受けられ、それらのニーズに対応するべく、洋風の食文化を採り入れたショップや商品も数多く見られるようになりました。
例えば、ファミリーレストランや喫茶店、ファーストフード店、中華料理店、ラーメン屋などといった飲食店では、ステーキ、ハンバーグ、カレーライス、スパゲッティ、ハンバーガー、フライドチキン、餃子、ラーメンなどの異国から入ってきたメニューが提供されています。
そのような状況の中で、最近になって、洋風のメニューを提供する居酒屋も数多く登場してきていると言われております。
ただし、「居酒屋」という名称からも察しがつくように、この種の店舗では、和食メニューを提供するのが元来のスタイルで下。
そういった伝統的な営業スタイルを踏襲する和食の居酒屋では、定番と言われるメニューが、今も昔と変わらず提供されているという話です。
その種のメニューの例としては、焼き鳥やおでん、枝豆、冷ややっこ、唐揚げ、塩辛、刺身、出し巻き卵、漬けもの、どて焼き、ホルモン焼き、もつ煮込み、もつ鍋、牛すじ肉料理、さきイカ、柿ピー、キムチなどの料理、日本酒やビール、チューハイ、サワー、焼酎、ウィスキー、ハイボール、ホッピーなどといった酒類が挙げられます。
それらのメニューをチェックしていると、日本の食文化を中心としながらも、時代が移り変わるのに伴って、異国文化を採り入れた料理、酒類も少しずつ含まれてきていることがお分かり頂けると思います。
例えば、ウィスキー、ハイボールといったアルコールは、最近になって、取り扱う店舗が増えてきているメニューになります。
また、店舗の所在するエリアによって、提供するメニューに違いがあるケースも少なくないようです。
例えば、どて焼きは関西で人気がある他、ホッピーは、主として関東地方で提供されているという事です。
そして、居酒屋は、単なる飲食店としてだけではなく、古い時代には、サラリーマンや肉体労働者の社交場として機能し、日本の文化に多大な影響を与えて来ていると言われています。